ハロプロ雑記

アコカツモジキ

あたしガチ恋かもしれない

f:id:wotakurme:20170917044132j:plain

個別会場推し以降、あやちょガチ恋の自覚が芽生えました。この話をするとかなりな自分語りになる…キモい封印…と思っていたのですが、奇特な人(犬?)に経緯を書けと言っていただいたので、その方と自分メモ用に書いておきます。

サクッとガチ恋ですと言っていますが、ガチ恋の定義は未だによく分かっていません。「アイドルとしてでは無く一人の異性(恋愛対象性)として好きになった」というのがガチ恋の定義、のようですが、では「アイドルとして好きになる」とはどう言うことかと。だったらまずアイドルの定義をだな… これについては引き続き研究対象。

 

と言うことで自分語りをします。キモいのでなるべく端折って書いたけど十分アレ。

 

僕はアルコールがあまり好きじゃなくて、それは思考に再現性が期待できなくなるからです。頭が良い訳ではないですが、それでもしつこく考え事をすること自体が好きで、アルコールはその妨げになります。

アルコールが好きではないのと同じ理由で、誰かに恋している状態も好きではないです。頭がキビキビ働かなくなる。四六時中その人のことを考えて、理屈でなく感情が先行して、端的に言えばバカになる。酔っ払っているのと同じ状態。だから恋をするのが好きじゃないです。

過去、上述したような恋に落ちてそれが成就したのは、高校時代が最後だと思います。学年でも割と有名なバカップルだったと思う。まさに酔っ払い。とても良い思い出ですが、今あれを再現したいとはビタ一思いません。

それ以降も何人かの方とお付き合いしましたが、恋に落ちたという実感はありませんでした。そう言ってその時の彼女と大げんかした事が何度かあり、以降そういうバカ正直なことは言わなくなりましたが、基本的には面白いから、もっと相手のことを知りたいから、という動機です。好奇心や興味の類。気になる相手とは雰囲気の良いバーで飲むよりもファミレスでダラダラ話したくなるし、上目遣いで見つめられるよりも面白い質問を投げてくれた時の方がトキメキます。

このトキメキは、交際相手に対して感じることもあれば、仕事?で感じることもあります。ニューハーフプロレス団体の各種制作サポートをしていたことがあるのですが、彼女たちに対して感じていたトキメキと、大学以降お付き合いした相手に対して持った感情は、同じだと思います。興味、好奇心。この人(達)の未来を想像し、そこに自分が関わることでどうなるかを見たい。「あぁ!そういうことね!」と変化を促されたり、「YES!自分は間違ってない!」と仮定の裏付けを見つけた時などに、快感があります。美味しいものを食べる、好きな人の手に触れる、汗をかいて風呂に入る。そういったフィジカルな快感と同じような、あるいはそれ以上の快を感じます。

 

で。

 

アイドルに対して、和田さんに関しても、基本的にはこの感じです。もっと知りたい。先が見たい。先を想像するのが楽しい。仮説を立てて、それが正しいかを検証したい。もちろんシンプルにメッカワというのがベースにありますが、かわいいだけ、美しいだけなら他にも色々ある訳でね。+αで僕が和田さんに対して感じる「好き」を分解すると、概ねこう言う感じです。

であれば。アイドルを「アイドルとして好き」になるのではなく、「一般的に恋と呼ぶかは分からないけど、恋愛対象を好きになった状態と概ね同じように好き」なのであれば、それはやっぱりガチ恋なのではないか?という結論に至りました。これは一部の仕事に対しても同じです。僕は常に恋をしている男なのかもしれない。恋愛ジャンキー。マジか。自己認識が揺らぐ。

 

f:id:wotakurme:20170917040818j:plain

かわいい。

 

今たまたま聞いていたビジュルム vol.70で和田さんは、

「抽象画があまり得意じゃない。訳分かんないと思いながら見る部分もある。この絵を描いた人は何を考えて描いたんだろうと考える。そうしないと理解できない。理解できないともう分からない!と思っちゃう。どうしても理解したいと思っちゃう。作品の中には理解しなくて良いものものある。理解できないようなものも理解しないとうーってなる。そういうものも楽しんで見るように心がける。どう言う人だろう?と思って見ると入りやすい。」

と言っていました。めっちゃ分かる… やっぱり和田さんめっちゃ理屈っぽいよなぁ。何が理屈なんて大大大嫌いだ。理解をベースに、僕は妄想を組み立てて技術を通してアウトプットします。このブログがそうだし、一部の仕事もそうです。そうやって生きてる。和田さんは、アイドルという枠組みでアウトプットするのでしょう。実践の量が圧倒的に多いのが素晴らしい。どうなるのか見たい見たい。理解の及ばないものに対しての付き合い方は模索中なんだな。アートから得たインプットは、ステージ表現にどのくらい応用できてるイメージなんだろう。また知りたいことが増えた。日々好きが深まるなぁ。ガチ恋だなぁ。

 

www.youtube.com