ハロプロ雑記

アコカツモジキ

ガチ恋ヲタによるアンジュルム2017秋ツアー Black & White 初日初回感想

f:id:wotakurme:20170911013335j:plain

戦利品。富山も入るので控えめに。

※ネタバレ気にせず書きます。さらっとガチ恋宣言した事についても書きたい。恋バナしたい。

 

 

 

 

アンジュルム2017秋ツアー Black & White 初日初回参加しました。ネット上では賛否両論ある…という噂を見かけました。「曲数が少ない」「スマ曲一曲だけ」「マンネリ」あたりがツッコミどころの様子。そのことについて、今日の感想と私見を書きます。

セトリはあとで感想とともに書くとして、まず概要。全13曲でおよそ90分くらい。確かに少ないし短いしいつもの感じ。不満を持つのも分かる。「短っ!やっぱり楽しいとあっという間に時間が過ぎるなぁ!」と思ったら本当に短かったという。

で、じゃぁ僕も不満だったかというと、いやいやいやーー!!と。思うですよ。

だってさ、増員直後じゃん?全曲10人でやったのよ?J=Jは7/17に、やなみんだんばる加えて5曲やったらしいじゃん?3週間ちょっとで5曲仕上げたわけでしょ?だったら2ヶ月半で13曲仕上げるって、同じペースじゃん?先生もスタッフさんもなんとか形にしようと頑張ったよね?愛踊祭、舞台練習、リリイベ、音霊、ロッキン、ハロコンやりながら、何を選ぶか頑張って考えたよね?ほんとありがとうございます。あやちょ、新体制発表動画で「今年は準備期間」って言ってたじゃん?あのタイミングでこの未来を予測していたって事だし、それってさすがじゃない?不安だったろうに「準備期間になってしまう」ってヲタを信じて正直に言ってくれたの嬉しくない?それとも秋ツアーで8人曲で曲数稼ぐためだけに、すぐ増員対応しなきゃいけない事分かってて、8人曲練習するべき?公約期間終了のハロプロ20周年まであとたった3ヶ月なのに?ヲタは無責任に「信じる!大丈夫!」って言ってれば良いけど(僕も言った)本人たちは大変じゃん?しかも僕は卒業なんて…信じてないけど…和田さんが25歳まで…あと2年無いんだょ…?余計なことしてる時間なんて…なぃんだょ……

 

ああああああああああああああばばばばばばばあばkばああbkばばkなっkばkqwせdrftgyふじこlp;@:(ただいま発狂しています)

 

かっこいいもの作るためには、時間がかかるんだと思います。ベリは10年、℃-uteは8年、J=Jは4年、プラチナは3年、固定メンバーでやってる。しかも、みんな大好きつんく♂さんもガッツリの状態で。なのにアンジュは、今や中間管理職を自称する3期が入って、まだ3年経ってない。その後スキルの中核を担っていた2人卒業して、それでも残ったメンバーが成長して、9人さえ固定であれば練度大きく下げなくても良いはずと補強して、あんなに9人にこだわってやってたのに、突然の11人体制。かわふなはもちろん即戦力だけど、でも人が増えるってそういうことじゃない。見え方聞こえ方がガラっと変わる。そんな中で、その場しのぎじゃなく本当にかっこいいものを作りあげるために、ヲタを信じて選んだ道なんだよ…だから褒めろとはあえて言わないけど、文句言うのは違うじゃん…と、僕は思います。*1こんなん河田じゃん。山王工業の河田(兄)じゃん。

全国制覇2連覇という偉業を成した山王高校においてレギュラーを務める高校最強のセンター。 その実力は圧倒的で、スラムダンクのNo1プレイヤーに彼を挙げるファンは少なくない。 (中略)かつては165cmとバスケ選手にしては小柄であったものの、そこから1年で190cmまで伸びるという急成長を遂げる。 身長の伸びと共にポジションも変化していき、ガードからフォワードへ、そしてセンターへ変わっていた。

河田雅史 - アニヲタWiki(仮) - アットウィキ

そもそも、じゃぁライブ自体がボロボロだったのかっていうと、そんなことはないってのが、総意だと思うんですよ。間に合わなかった感は僕は感じなかったです。ちゃんと仕上がった13曲をブチ込んできた。不完全なものは見せなかった。僕たちが大好きだったアンジュルムの熱、パワーは、それを示す意志は、そして最高な未来への予感は、確かにあったと。であれば、こんな理屈なんて大大大嫌いだったとしても、安く無い金払ってチケ買って遠征してるとしても、ドルヲタとして、ハロヲタとして、アンジュヲタとして、この位は汲んでも良いんじゃないかというのが、私見です。

 

ということで、セトリ踏まえて感想。つっても基本あやちょしか見てないクソガチ恋です。あしからずご了承ください。

  1. ちょいカワ
    いきなりキタ!ちょいカワじゃなくてヨコハマと言えとの指令。ご当地全部でやるのかな。大阪とかまだ良いとして、佐賀とかどうすんだろう。サガサガ!サガサガ!唯一のスマ曲を冒頭に持って来るのは冒険だと思う。すごく考えただろう…
  2. 愛進愛退
  3. デスクイ
  4. ツギゾク
    カミコ曲。殺人セトリの前半。押せ押せシリーズ。客一人体調悪くしたのか、フラフラとスタッフさんに運ばれていった。刺激が強すぎたようだ。
    MC
  5. 魔法使い(サリー)
    かわいいシリーズ開始。3期曲だって意見もあるみたい?だけど、かわむメインはだいぶエモかった。2年前の愛踊祭、かわむがはちきん時代に課題曲としてやった曲。愛踊祭2017で全国優勝した、アクターズスクールのSPL∞ASHと当時地区代表をかけて戦い、2位に甘んじて涙を飲んだ因縁の曲。これ貼って良いのかな。良いよな。

    3期曲は大器晩成と乙女の逆襲で良いじゃん(良いじゃん)。後輩に華をもたせてこそアンジュルムのはず。
  6. カクゴして
  7. 魔女メグ
  8. MC(あやちょふなっき→りなぷかわむ)/ 衣装チェンジ
    あやちょにセクシー対決を仕掛けたサンキューふなっき。後輩に言われたら断れないよね。カントリー劇場ミーツアンジュルムって感じで良かった。「衣装の話は小出しにする」って言ってたりなぷに衣装の質問を用意してきちゃったかわむかわいいし、後輩に質問されたら答えちゃうりなぷマジ天使。あとこれ。

    衣装はあやちょ凄かった。大器晩成でマタギ衣装を着てたあやちょが時を経て森のヌシを狩ったその毛皮を纏い村の長になってた。
  9. 愛さえあれば何もいらないとかいう曲
    絶許
  10. ナナコロ
    お姉様方に囲まれたふなちゃんの「次はチャンスだよ」アツい。
  11. ドンデン
  12. 大器
    殺人セトリ後半。アンジュルムは情熱。サンキュータクイ。
    アンコール(ももな/あいあいコール)
  13. 無双
    ここできたかと。冒頭に持ってきたらそれこ変変と一緒だし、大器持ってきたら「またか」必至。ここしかない。
    MC
  14. 友よ
    迷ってもここに集合してくれるアンジュルムありがとう;;

という事で、感想は以上です。あと入るのは富山と、当たれば中野。初日初回入って良かった。今日見たものがどう変化成長していくか、楽しみにしています。

*1:あいあいの休養は意図的に別にしています。休養と増減員は意味が違う。